読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンゲキ日記

ミュージカルや演劇、映画やDVDなどの観劇したこと、感激したことを日記として書いていこうと思います。

2017年トニー賞予想

こんにちは。今回の記事は2017年のトニー賞をズバリ予想してみたいと思います。 ノミネート作品は4月になってからの発表なのでまだわかりません。 そこでノミネート作品から予想してみたいと思います。 ちなみに今回はミュージカル作品賞に絞った予想です。…

LA LA LANDがアカデミー賞をなぜ逃したか

こんにちは。今回は日本のニュースでも大きく話題になった、2017年アカデミー賞でミュージカル映画LA LA LANDが作品賞の受賞を逃した理由を私なりに考察してみたいと思います。 LA LA LANDは世界的にとても注目された作品で、私も日本でのロードショウ初日に…

2017年トニー賞授賞式

こんにちは。今回の記事は2017年トニー賞授賞式の開催日や開催場所などの詳細をご紹介したいと思います。 その前にトニー賞について簡単にご紹介させていただきます。トニー賞とはアメリカの演劇とミュージカル分野における賞です。トニー賞はアメリカン・シ…

2016年トニー賞オープニング

こんにちは。今回の記事は2016年のトニー賞オープニングについて書きたいと思います。 トニー賞というのは、ブロードウェイでその年新たに上演された作品の中から作品賞、リバイバル賞、主演男優賞、主演女優賞などなど様々な部門ごとに表彰する賞です。…

ミュージカル「キャバレー」

こんにちは。今回の記事は2017年1月に上演されるミュージカル「キャバレー」について書きたいと思います。 演出は松尾スズキさん。出演は長澤まさみさん、石丸幹二さん、小池徹平さん、小松和重さん、村杉蝉之介さん、平岩紙さん、秋山菜津子さんなどと…

ミュージカルグッズを買う方法

こんにちは。 今回はミュージカルのグッズを買う方法をご紹介したいと思います。ミュージカルを観劇した記念や、日常生活からミュージカルに囲まれたいなどなどミュージカルグッズを欲しい理由は様々だと思いますが、ミュージカルグッズはどこにでも売ってい…

ミュージカル「デスノート」キャスト紹介

こんにちは。 今回は2017年9月から再演される予定のミュージカル「デスノート」のキャストについて紹介したいと思います。 この作品は2015年4月に日本で初上演されたミュージカルです。 珍しく日本で作られた大型ミュージカルということで、当時は…

舞台ミュージカルDVD化予想

こんにちは。今回の記事は日本で上演されたミュージカルのDVD化されそうな作品について予想したいと思います。 ミュージカルは生物(なまもの)なので、劇場で見るのが一番だと思いますが、やはり家でゆっくり細かいところまで見たいですよね。 そこで今回は…

劇団四季北海道公演

こんにちは。今回の記事は私が個人的にとても気になっているこれからの北海道公演について予想も踏まえながら紹介したいと思います。 北海道四季劇場では2017年3月5日からライオンキングの公演がスタートします。 この劇場のグランドオープン作品がラ…

「ノートルダムの鐘」CDキャスト予想

こんにちは。今回の記事は劇団四季「ノートルダムの鐘」の最新情報をご紹介したいと思います。 まずは「ノートルダムの鐘」CDについて・・・2017年3月15日に「ノートルダムの鐘」の劇団四季キャストによるCDが発売される予定です。 通常盤3240円 …

劇団四季「CATS」東京公演

こんにちは。今回は劇団四季「CATS」の東京公演の予想を記事にしたいと思います。「CATS」の東京公演??と思った方も多いかと思いますが、劇団四季は近いうちに東京(関東地区)でCATSを上演することを公表しています。 四季劇場春・秋が2017年の7月か…

SINGIN' IN THE RAIN 雨に唄えば

こんにちは。今回の記事は4月に来日公演予定の「SINGIN' IN THE RAIN 雨に唄えば」を紹介したいと思います。 この作品は1952年に映画化され、ミュージカル映画の中で最もヒットしたと言っても過言ではない映画です。 何かのテレビで有名なタレントさん…

劇団四季「ノートルダムの鐘」PV公開

こんにちは。本日、劇団四季から待望の劇団四季キャストによるノートルダムの鐘のPVが公開されました。ということでこちらに貼っておきます。www.youtube.com なんと、カジモドは飯田達郎さんバージョンのみでした。 なのでノートルダムの鐘のCDのカジモドも…

ブロードウェイで見つけた面白画像

こんにちは。今回の記事は私が以前、ニューヨークに旅行した時にブロードウェイで見つけた面白いなと思ったスポットを紹介したいと思います。 まずはこちら。 これはタイムズスクエアの裏側にあるM&Msのお店です。日本でも大人気のチョコレートM&Msです。中…

劇場に行けない時のミュージカルの楽しみ方②

こんにちは。 今回も前回に引き続き、劇場に行けない時の私流のミュージカルの楽しみ方を紹介したいと思います。前の記事を読んでいない方は、ぜひ前回の記事も読んでみてください。劇場に行けない時のミュージカルの楽しみ方 - カンゲキ日記 ④テレビ番組で…

劇場に行けない時のミュージカルの楽しみ方

こんにちは。 ミュージカルの最大の魅力は”生”で舞台を見ることだと思っていますが、時間的にも金銭的にも何回も劇場に行くのは厳しいと思います。 今回は劇場に行けない時の僕なりのミュージカルの楽しみ方を紹介したいと思います。いろいろと家でミュージ…

2017年劇団四季 全国公演

こんにちは。今回は2017年に全国公演をする劇団四季の演目の紹介をしたいと思います。僕自身、地方出身だったので一番最初にミュージカルに触れたのが、全国公演をしていた、劇団四季の「赤毛のアン」でした。 地方に住んでいる方も本物のミュージカルを…

ミュージカル映画「ヘアスプレー」

こんにちは。今回はミュージカル映画「ヘアスプレー」についての記事を書こうと思います。 なんとなく、面白いミュージカル映画を見たいなと思い、この映画のDVDを買いました。 その感想を書こうと思うので良かったら読んでください。 このポスターからもわ…

12月24日劇団四季「ライオンキング」

こんにちは。今回は2016年12月24日(土)1:00からの劇団四季「ライオンキング」を見に行った感想を書きたいと思います。 今回も先日のノートルダムと同様、当日券の立ち見での観劇となりました。前回、ノートルダムの時に意外と当日券の列が短か…

自分流ミュージカルランキング①

こんにちは。今回の記事は「自分流ミュージカルランキング」ということで様々なジャンルでのミュージカル、ミュージカルキャラクターのランキングを発表したいと思います。すべて私の主観なので、心広く見てもらいたいと思います笑 また、この記事をシリーズ…

ミュージカルに行く時の持ち物

こんにちは。今回はミュージカルに行く時の持ち物についての記事を書こうと思います。 ミュージカルには毎日行けるものではないので、その時の準備は周到に行いたいですよね。ということで今回は、ミュージカルに持っていくべきもの、あったら便利なものを紹…

劇団四季「ノートルダムの鐘」

こんにちは。最近はミュージカル「ノートルダムの鐘」についての記事が続いていますが、今回もノートルダムの鐘について書かせていただきます。今日は月曜日です。月曜日は劇団四季の一週間のキャストが発表されます。ということでノートルダムの鐘の今週の…

四季劇場春・秋、自由劇場への行き方

こんにちは。今回は四季劇場春・秋、そして自由劇場への行き方をご紹介します。 これらの劇場は同じ位置にあり、春と秋は同じ建物にあります。なのでいっぺんに紹介できたらと思います。 これらの劇場は JR山手線・京浜東北線 浜松町駅から徒歩7分 地下鉄 …

ノートルダムの鐘 当日券

こんにちは。 今回は先日開幕したノートルダムの鐘を今すぐにでも観れる方法である、当日券立ち見席を紹介したいと思います。 ディズニー×劇団四季の新作ということで話題性もあり、なかなかチケットが取れない・・ なんて状況ですよね。しかし、この作品は…

ノートルダムの鐘②

こんにちは。前回の記事の続きとして書かせていただきます。①の方はこちらからお読みください。 ノートルダムの鐘① - カンゲキ日記 2幕もまたアンサンブルの歌から始まります。シーンとしてはエスメラルダが怪我をしたフィーバスをカジモドのいる大聖堂まで…

ノートルダムの鐘①

こんにちは。 今回は劇団四季「ノートルダムの鐘」を観劇してきたのでそのレポートを書きたいと思います。正直、こんな簡単に見に行けると思っていませんでした! 当日券のみで販売している立ち見席で観劇してきたのです。立ち見席についてのことは後日、別…

劇団四季「ライオンキング」

こんにちは。今回は劇団四季のライオンキングについて書かせていただきます。え、今更?と思う方もいるかもしれないですが、理由があります。 12月17日からライオンキングの札幌公演の一般チケットが発売されるのです。 2017年の3月5日からライオ…

劇団四季「ノートルダムの鐘」

こんにちは。今回も劇団四季ミュージカル「ノートルダムの鐘」について書かせていただきます。劇団四季ホームページや口コミなどでこの作品を紹介されている記事が多いのでその中から僕が有意義だと感じた情報をお伝えできたらと思います。 12月11日、四…

「紳士のための愛と殺人の手引き」制作発表会

こんにちは。今回は先日行われたミュージカル「紳士のための愛と殺人の手引き」の制作発表会をご紹介します。私自身、制作発表会にオーディエンスとして参加するのが初めてだったので、もしまだ行ったことがなく、興味がある人は是非読んでほしいです。 全体…

「紳士のための愛と殺人の手引き」

こんにちは。今回は4月から日生劇場で公開される予定のミュージカル「紳士のための愛と殺人の手引き」をご紹介します。 私自身、この作品にはとても注目していたので、今後何回かにわたってこの作品を紹介していくつもりです。 というわけで早速紹介したい…

劇団四季「ノートルダムの鐘」②

こんにちは。 劇団四季「ノートルダムの鐘」の紹介記事の続きを書こうと思います。 是非①の方も読んでみてください。 気になる初日の様子は見に行った方のSNSや、劇団四季のインスタなどを参考に書かせていただきます。 まずは一番気になる初日のキャストで…

劇団四季「ノートルダムの鐘」①

こんにちは。 今回は劇団四季で本日開幕された「ノートルダムの鐘」についての記事を書こうと思います。 しかし、筆者自身はまだ劇団四季の「ノートルダムの鐘」を見に行っていないので、テレビの取材などの情報や、画像などからわかったことを中心に書きた…

劇団四季2017年ラインアップ

こんにちは。 今回は前回、東宝、ホリプロをはじめとする2017年のミュージカルラインアップを紹介したので、今回はその劇団四季版を紹介したいと思います。 まずは東京。 ・四季劇場春 現在〜5月28日 ライオンキング 来年はライオンキング日本公演19周…

ミュージカル「RENT」

今回は今月、来日公演が予定されており、来年の7月から日本人キャストでの上映が決定しているミュージカルRENTについての紹介をしたいと思います。 この作品はブロードウェイで大きな反響を呼び、トニー賞作品賞、脚本賞、演出賞などなど多くの受賞をしてい…

ミュージカルDVD紹介①

こんにちは。 今回は家でもミュージカルを楽しみたいという人にミュージカルDVDの紹介をしたいと思います。 最近は、舞台を映像化する作品が多く、国内、国外問わず多くの作品が映像化されています。 私はミュージカルは「生」であるというのが魅力だと思っ…

ライオンキング バルコニー席

こんにちは。 今回は劇団四季のライオンキング、バルコニー席について紹介します。 来年の5月で、四季劇場春での公演を一時お休みするライオンキングです。 その前にもう一度見ておきたいけど、値段が・・・という方にぜひおすすめなのがバルコニー席です。 …

マーダーバラッド観劇レポート

今回は先日千秋楽を迎えましたマーダーバラッドの観劇レポートを書きたいと思います。 今回は全ての公演が終わったのでガンガンネタバレを書く予定ですので、知りたくないという人はご遠慮ください。 劇場は銀河劇場。 客席と舞台が近くてとてもいい劇場です…

ミスサイゴン帝劇公演

今回はこの前帝劇公演が千秋楽を迎えたミスサイゴンについて書かせていただきます。 これから始まる全国公演に行かれる方、また行こうかどうか迷っている方は是非参考にしてください。 私は今回、市村エンジニアと、ユカイエンジニアの2公演を見に行きました…

2017年ミュージカル情報

今回は2017年に公演予定のミュージカルをざっと紹介したいと思います。 気づいた時にはお高めの席しか残ってない・・・なんてことよくありますよね。そのためにこの記事を参考にしていただけたらと思います。 しかし比較的有名なミュージカルしか取り上げな…

OSK日本歌劇団 ROMEO&JULIET

OSK日本歌劇団の公演、ROMEO&JULIETを観劇してきました。 宝塚も観たことがなかったので最初はとても緊張していました。 いろいろと感想書かせていただきます。 劇場は博品館劇場。銀座にある座席数、400席弱の劇場です。 劇場はどの席から見ても舞台が近…

年齢によるミュージカル観劇のすすめ

こんばんは。連続投稿になってしまいましたが、これは私がとても書きたかった記事です。 記事のタイトルはちょっと上からな感じですが、ミュージカルを老若男女問わず多くの人に楽しんでもらいたいのでこのような記事を書かせていただきます。 ミュージカル…

自己紹介

早速ですが、私に関する自己紹介を軽くさせていただこうと思います。 私は関東の大学に通っている男子大学生です。大学では軽〜く演劇に関することを学んでいます。大学で学んだことも含めて読者の方にお伝えできたらと思います。 ミュージカルは親の影響で…

初めての投稿です

はてなブログ初めての投稿です。 読みづらいかもしれませんが読んでいただけるととても嬉しいです。 私はミュージカルが大変好きなのでミュージカルに関することを記事にできたらと思っています! これからよろしくお願いします。