読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンゲキ日記

ミュージカルや演劇、映画やDVDなどの観劇したこと、感激したことを日記として書いていこうと思います。

ミュージカル映画「ヘアスプレー」

こんにちは。

今回はミュージカル映画「ヘアスプレー」についての記事を書こうと思います。


なんとなく、面白いミュージカル映画を見たいなと思い、この映画のDVDを買いました。
その感想を書こうと思うので良かったら読んでください。
f:id:mmmix:20161225155049j:plain


このポスターからもわかると思いますが、コメディーの要素が強い作品です。


簡単にあらすじを紹介します。

主人公はちょっとおデブなトレーシーという女子高生です。
彼女はダンスにもオシャレにも申し分ありません。ただその体型だけが・・・

彼女はヘアスプレー会社が提供する番組「コーニー・コリンズ・ショー」という番組が大好きでとても憧れを抱いていました。

そしてなんと彼女の才能を感じ取ったプロデューサーが彼女にその番組の出演を依頼するのです。
まさにアメリカンドリームでしたが、その番組のチーフとその娘はトレーシーのことをよく思っていません。

その親子のせいで色々なトラブルに巻き込まれるのですが、最後はそれを乗り越え、スターになるというストーリーです。


ストーリーはよくあるアメリカンドリームを描いた作品ですが、そこに黒人差別の問題も加わってくるので意外とシリアスな場面もあります。
しかし、基本はハッピーな感じで物語は進んでいくので、最後まで苦にならずに楽しめると思います。



物語の主人公である、トレーシーとその母親はこんな感じです。
f:id:mmmix:20161225155955j:plain
アメリカンサイズの親子ですよね。

彼女らが可愛くてとても面白いです。

トレーシーが成長するにつれて次第に母親も家に閉じこもっていた生活から抜け出し、家族一丸となって様々な問題に取り組むので、家族の物語という要素も含まれています。


映画の中で出てくる「コーニー・コリンズ・ショー」という番組は白人がメインの番組です。
黒人の友人を持つトレーシーはそれを疑問視して、訴えまうが、意地悪な親子のせいで上手くいかず、挙げ句の果てには警察に捕まりそうにもなってしまいます。

コメディーの要素もありながら、現代のアメリカを描いている作品です。
最後に番組プロデューサーが「黒人差別はもう古い」といい、この作品はハッピーエンドを迎えます。

ラストシーンは面白く悪者が退治されるので、必見ですよ!


またこの主人公トレーシーはビックサイズですがオシャレで、ダンスがとっても上手です。
私がこの映画を見ている時に、渡辺直美さんを思い出してしまいました笑

でもとっても似ているんですよ!

とにかく人生が楽しそう!
というところも似ています笑

ぜひ新しいエンターテインメントを楽しみたい方は、この映画をチェックしてみてください。

おすすめの一作です。

読んでいただきありがとうございました。